<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< できる人の勉強法 | main | カラフル >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*カンブリア宮殿 村上龍×経済人*
私、村上龍氏のファンです。
作品はそんなに読んではいないのだけど、
(「半島を出よ」はすごくおもしろかった!)
村上氏が編集長を務める金融経済をテーマとするメールマガジン
『JMM』読んでます。
テレビで ”右向け右ー!”
みたいなワイドショー的な報道の仕方を見て、
なんだかな〜 唖然 と感じる私は、
なぜなんだかな〜と自分が感じるのか、
村上氏のメディアに対する考えにその答えを見つけ出したりして
とても勉強になる。

で、この本。
企業の経営者をゲストに招いて村上氏が話を聞くという
トークライブ番組「カンブリア宮殿」を書籍化したもの。

トヨタや京セラ、はたまたミクシィやはてななど、
いろいろな企業のトップの方が登場しますが、
私が一番印象に残ったのはホンダ。

私が若い頃、本田技研の関連会社に勤めていたことや
創業者本田宗一郎のエピソードが好きなこともあって、
本田技研工業社長の福井威夫氏のページが一番心に残った。

ホンダ本社には社長室も役員の個室もないなんて驚きでした。
代々の社長がすべてエンジニア出身、技術者というのも。
そして、福井氏がホンダに入社した人たちに話すこと。

「入社してホンダウェイを学ぶのもいい。
 しかし君たちが何か持ってくる。
 何かしなければ、明日のホンダはない。
 ホンダを変えることに自分たちの価値があるんだ。
 ホンダのために働くと考えること自体、すでにホンダウェイじゃない。
 人が何のために働くのかというと、
 会社のためじゃない、自分のために働くのだ。
 それは、いつの時代も世界中、どこでも共通だ」


うわ〜、こんなこと言われたら、意気に感ずるだろうな〜。
私のホンダの企業イメージ、ますますアップ。

で、優れた経営者たちの共通点。

「威張っている経営者」など一人もいない。
現代の優れた経営者は、常に危機意識を持ち、謙虚で、
現場に足を運ぶこととコミュニケーションを何よりも大切にしていて、
そして明るい。


経営者の資質として、
まずは人間的魅力がなければならないのだそうだ。

私自身はこのTV番組、1回しか見たことがない。
とっても見たいのだけど、
放送時間22時って 私はもう寝てる時間なの。たらーっ
録画すればいいのだろうけれど、
結局、録画したものを見る時間がなくHDにたまる一方で・・・[:がく〜:]

* comments(0) * trackbacks(4) * その他 * 17:12 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 17:12 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
http://6.cashing117.com/967B93638B5A8CA48D488BC6/
Ltd.)は日本を代表する機械工業メーカーのひとつ。主にホンダのブランドでオートバイと自動車、汎用製品を製造している。新規分野へも意欲的で、ASIMOのようなロボットや飛行機についても開発を行なっている。創業者の本田
| 本田車、購入前の豆知識! | 2007/10/10 3:44 PM |
模倣犯〈4〉 (新潮文庫)
2002年度版このミス10 1位。 2001年文春ミステリーベスト10 1位。 第55回毎日出版文化賞特別賞第5回司馬遼太郎賞2001年芸術選奨文部科学大臣賞「火車」「理由はいらない」とならぶ、宮部氏の代表作。個人的には、この三作品のなかで、一番好きな作品である。若い女性
| めいの部屋 | 2007/10/02 10:20 PM |
http://c3popfan.com/91BA8FE397B4/
村上龍村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は長崎県佐世保市出身の日本の小説家、映画監督。本名は、村上 龍之助(- りゅうのすけ)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histor
| お待たせ!映画ファン「映画監督・評論家編」 | 2007/09/30 3:37 PM |
模倣犯3 (新潮文庫)
2002年度版このミス10 1位。 2001年文春ミステリーベスト10 1位。 第55回毎日出版文化賞特別賞第5回司馬遼太郎賞2001年芸術選奨文部科学大臣賞「火車」「理由はいらない」とならぶ、宮部氏の代表作。個人的には、この三作品のなかで、一番好きな作品である。若い女性
| まゆのblog | 2007/09/25 10:40 PM |