<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 一瞬の風になれ(全3巻セット) | main | 蒲生邸事件 >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*サッカーボーイズ 再会のグラウンド*
この本、
息子が所属するサッカークラブのお父さんコーチから
「木暮コーチいいですよ〜」
と勧められ、お借りして読みました。

どこにでもありそうな地元の少年サッカークラブ。
6年生の子どもたちとコーチのおはなしです。

ほんとに木暮コーチいいですね〜。
サッカーを楽しもう!
原点ですね。
息子のクラブの理念と同じだ。

6年生最後の公式試合、
強豪チームとの対戦の描写がとってもリアル。
爽やかな感動です。

試合前に子どもたちが円陣を組んで掛け声をかける。
その掛け声、何と言っているのかは明かされない。
私は、木暮コーチの口癖
「サッカーを楽しもうぜ!」だと予想していた。
そして最後に明かされたそれは
「エンジョーーイ!」
「フットボール!」

英語だったか。

著者のはらだみずきさんご自身のブログ
「ジュニアサッカーと草サッカーの風景」 
私のお気に入りサッカーフォルダに登録しておこうっと。

* comments(3) * trackbacks(1) * 小説 * 06:20 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 06:20 *
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
* - * 2010/10/29 9:59 AM *
ノコノコちゃんなら自分の実体験とリンクして
なおリアリティがあって、
クラブでのあの頃をなつかしく思ったり、
感じるところ諸々でさらにおもしろいのでは。
私はまたしてもコーチの勧めで、
この本の続き「サッカーボーイズ13歳」を読んでます。

* ashibe * 2008/09/20 7:01 AM *
おもしろそうだな〜と思ったら
ノコノコが今読んでました。
なんてタイムリ〜♪
* keiko * 2008/09/19 9:56 AM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/10/29 9:57 AM |